アフガン4月月間開催!

第1回は『よみがえれ カレーズ』と 『アフガニスタンの村で』 2回上映! 
4月20日、午後2時より東中野パオにて

 

テーマ:アフガニスタン四月革命以来(1978-79年の転換から40年)

 

◉4月20日(土) 二つのドキュメンタリー映画を観る
『よみがえれ カレーズ』(1989年製作1時間56分16mm)(日本アフガン合作作品+シグロ参加)
監督:土本典昭+熊谷博子+アブドゥル・ラティーフ
『アフガニスタンの村で』(1984年製作22分8mm)ジグダレック村再建基金
 作者:安仲卓二 編集&日本語ナレーション協力:福田克彦 草野大悟
 上映時間/『カレーズ』14:00~/『村で』16:00~/『カレーズ』18:00~/『村で』20:00~
 16:30~18:00 忌憚なき発言会:各々アフガニスタンで映画を作ってみたのだけれど
『よみがえれ カレーズ』の原案者(野口壽一)・組織者+『アフガニスタンの村で』の作者・組織者(安仲卓二)

 

 


◉ 4月27日(土) 故南條直子を省みて語る三人の三様
 1988年10月1日、アフガニスタン・サロビ近郊――タンギーソレイティガ戦闘取材の際、地雷に触れて亡くなった『戦士たちの貌』の著者―写真家南條直子の光と陰
縁在る南條直子を語る”いま”15:00~18:00
  3人のパネラー:織田忍(南條直子写真集『山谷への回廊』編・著者)+野口壽一+安仲卓二

 

 


◉ 4月29日(月)『わが政府 かく崩壊せり』(アフガニスタン「民主」共和国ムータット副大統領著)―を読み起こす
 翻訳者・野口壽一『新生アフガニスタンへの旅』著者(1981年)とパオ代表・安仲卓二の意見交換
 15:00~18:00 人民解放の号砲がなぜ破滅の火弾となったのか!?

 

 

●参加料金各回前日までのe-mail(参加日と名前を明記)予約1000円/当日1500円
 e-mail:romarakuda@paoco.jp

 

 

主催:PAO COMPOUND 9F 驢馬駱駝 
東京都中野区東中野2-25-6 〒164-0003
アクセス:https://bit.ly/2TWb55a

 

 

 

 

 

=====================================

新規事業、ベンチャー事業の研究・開発・実践をおこなうフェニックス・ラボラトリー合同会社のホームページへようこそ。

どんな巨大な企業でも最初はたった一人あるいは数名の熱い想いから始まります。そして規模の大小を問わずどんな企業でも構成員が起業意識を失ったとき衰退へと向かいます。

フェニックス・ラボラトリー合同会社はアーリーステージから中規模企業までのビジネス支援に注力します。

 

 

 

 

 

新規事業の研究・開発・実践